会議室へのこだわり

会議室の使用用途はさまざまですが、主な用途としては、会社内でのミーティングやプレゼンテーションです。会社で働いていると、会議やミーティングは必ず行われ、その回数も頻繁です。そのため会議室は、会社にとって必要不可欠となっています。たとえばある会社では、昼休みの時間に会議室を使用して、クラシックのミニコンサートが開かれています。ランチタイムコンサートと呼ばれ、会社の職員だけではなく、周辺地域の住民も参加することができます。そして時には、会社の職員と地域住民とが協力して、会議室を使用したチャリティバザーが行われることもあります。このように、会議室の使用用途は多岐にわたります。現在の会議室では、会社の職員が目的に応じて会議室を選べるように、レイアウトの異なる会議室をいくつも用意しているところもあります。なかには「赤の部屋」と呼ばれる会議室があり、壁面の3面をホワイトボードにし、残り1面は赤色に塗ってあります。このように、会議室を赤色にすることで闘争心が沸き、活発に議論ができる。といった心理的効果を狙っているのです。また別の会議室は、靴を脱いで上がるようにつくられていたり、会議に参加する人数に応じて自由にデスクを組み換えることができるなど、大変充実しています。他にも、全面ガラス張りでつくられた会議室、畳に掘りごたつといった会議室など、さまざまな会議室へのこだわりが感じられます。しかし、あくまで会議室は会議をすることが第一であり、職員がみな集中できる場所でなくてはなりません。

 

~TOPIC~
東京で貸会議室を実際に提供している会社です。空き室検索なども出来ます・・・貸会議室 東京